品川区のブラジリアン柔術道場  トライフォース五反田のおかみ日記 

品川区にあるブラジリアン柔術&フィットネスアカデミー トライフォース五反田−TFG の女将と道場主の日記です。
道場の日々や、お知らせなどを綴ります。
<< 今夜のイケてるイベント | main | ピーキングのやり方 >>
バイタル柔道
0

    ギ2/11(土・祝)15:00~、ブラジリアン柔術無料体験会!参加者募集中!!キモノ

     

     

    昨日田中さんのスパーリングを見ていたら、パスガードする時に、

    相手に自分の背中、もしくは身体の側面を見せすぎているように感じました。

     

    腰の捻りを使って一瞬相手に背を向けることはあるかも知れませんが、すぐに胸、顔を相手に向け直してほしいです。

     

    それを「自分の胸からビームが出てて、パスの時はそれが相手の胸に照射され続けているイメージを持つと良いですよ」

    とアドバイスしました。

     

    これは僕が初心者の頃に「バイタル柔道 寝技編」で読んですごく印象に残っている事なんですよ、と言ったのですが、

    イマイチ記憶がうろ覚えなのと、僕の勝手な解釈が入っている気がしたので、久々に読んでみました。

     

    実際にはこう書いてありました。以下引用です。

     

    「相手の両足の下方の位置から抑え込みに攻める時に、狙いとする中心点は、相手の胸部である。

     

    この一点を目指して手順を踏んで少しずつ攻め上げっていくか、一気に側方から或いは相手をまたいで攻め込めばよい。

     

    慎重に攻めるのはよいが、いつまでも相手の腰にくらいついていたのでは、膠着状態になってしまう。

     

    常に自分の頭と顔の向きを中心点に向けて積極的に突き進むのである。」

     

    力強い、良い文章です(笑)。ちょっと僕の引用とは主旨が違っていましたが。。。

     

    僕が初心者の頃は柔術の教則本など無かったので、この本からたくさんのことを学ばせてもらいました。

     

    特にセオリーやコンセプトの宝庫です。

     

    「人は左右どちらかに得意があるから、自分の得意な攻めに関連させた、

    反対からの攻撃方法も会得しておかねばならない。」とか。

     

    道場の本棚にあるのでぜひ読んでみて下さい。

     

    中山

     

    ☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト

    ☆毎日更新中!フェイスブックページ

    ☆クラス時間割はこちら!

    ☆3歳〜小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト

     

     

    | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 初心者の方へ | 13:44 | comments(0) | - |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 道場の様子をライブで流しています。クラス外の時間は各クラスの様子の録画です。
    + BAD BOY
    + トライフォースオンライントレーニング
    + フェイスブックページ
    + ぐるすぽ
    ぐるすぽ http://glgls.com/s/A0002-001/
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE