品川区のブラジリアン柔術道場  トライフォース五反田のおかみ日記 

品川区にあるブラジリアン柔術&フィットネスアカデミー トライフォース五反田−TFG の女将と道場主の日記です。
道場の日々や、お知らせなどを綴ります。
<< アタマの重さ | main | トライアングルチョークに挑戦中! >>
トップでの姿勢
0

    ギ2/11(土・祝)15:00~、ブラジリアン柔術無料体験会!参加者募集中!!キモノ

     

    少し前ですが黒木さんにストライプ白帯2本目を巻きました!

     

    ガードからの攻防がかなり上手くなった黒木さんですが、トップはまだ暗中模索のようです。

     

    スパーリングでもっとトップをキープすることに拘った方が良いとアドバイスしたところ、

    腰に不安がありトップでビシッと上体を起こしたコンバットベースを作れない、とのことでした。

     

    これは柔術の難しい部分の一つだと思いますが、ガードとトップで基本姿勢がかなり違います。

     

    ガードは丸まった方が強く、トップは背筋をピンと伸ばした方が強いです。

     

    けれど、体の小さい人や、筋力の弱い人が引き付ける力の強い相手に対して、

    必ずしも背筋を伸ばしていられるとは限りません。

     

    その場合には、そもそも相手に引き付けられないために、

    「相手に良いところを掴ませない」「掴まれたら早めにそのグリップを切る」などが必要です。

     

    また、背筋力を使って相手の力に対抗しようとせず、体重を上手く使い、重心を後ろにする、

    チョークに気をつけつつ相手に体重を預ける、なども覚えると良いです。

     

    一つのテクニックを磨くことや、あるコンセプトを持つことは、頭がシンプルに整理されるので、

    良いのですが、そこに囚われすぎないことが大事です。

     

    ベーシックカリキュラムにある様々なテクニックを一通り学べば、その中に自分に適したものがあると思います。

     

    試合をたくさん見たり、指導員や色帯の会員に聞いてみることオススメです。

     

    中山

    ☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト

    ☆毎日更新中!フェイスブックページ

    ☆クラス時間割はこちら!

    ☆3歳〜小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト

     

     

     

     

    | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 初心者の方へ | 11:52 | comments(0) | - |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 道場の様子をライブで流しています。クラス外の時間は各クラスの様子の録画です。
    + BAD BOY
    + トライフォースオンライントレーニング
    + フェイスブックページ
    + ぐるすぽ
    ぐるすぽ http://glgls.com/s/A0002-001/
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE