アンクルピックvsガードプル

  • 2017.01.13 Friday
  • 16:01

ギ2/11(土・祝)15:00~、ブラジリアン柔術無料体験会!参加者募集中!!キモノ

 

 

中量級、重量級の選手の中にはスタンディングの攻防を重視する人が多いですが、

基本競技柔術においては、どちらが先にガードプルするか、という戦いが中心で、

スタンディングでのテイクダウンテクニックは不要という人もいるかもしれません。

 

ですが、ガードプルのみを狙っている相手に対しては、相手をがっちり掴まずに掛けるアンクルピックが非常に有効です。

 

また、もしテイクダウンできなくても、相手はガードプルしづらくなります。

 

相手の道着を掴まず掛けるテクニックなので相手もこちらの道着をつかめず、

フェイクとして使えば自分が先にガードプルし易くなります。

 

ガードプルへのカウンターアタックとして、試合でもスパーリングでもよく掛けていましたが、

一番思い出に残っているのは、茶帯でのパン選手権です。

 

初戦を勝って次勝てば3位以上という試合で、ガードプル狙いの相手に開始早々アンクルピックを決めて2点先制しました。

 

その後「この2点を守り切ればメダルだ」と考えて、ガチガチになって逆転負けし、

マットを降りる前にレフェリーから「最初のテイクダウンは素晴らしかったぞ」と慰められました(涙)。

 

全く良い思い出ではないのですが、アンクルピックの感触だけは理想的なものとして今も残っています。

 

 

中山

☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト

☆毎日更新中!フェイスブックページ

☆クラス時間割はこちら!

☆3歳〜小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

道場の様子をライブで流しています。クラス外の時間は各クラスの様子の録画です。

BAD BOY

トライフォースオンライントレーニング

フェイスブックページ

インスタグラム

道場の日々の様子

Instagram

 https://www.instagram.com/triforcegotanda/

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM