北島選手と平井コーチ

  • 2011.09.02 Friday
  • 12:22
最近トレーニングについて色々調べていましたが、柔術って寝っ転がってやる特殊な競技なので、似ていると思われる柔道やレスリング選手のトレーニングにアレンジを加えねばなりません。 

トレーニングメニューに加えるために思いついたのが水泳選手のトレーニングを調べる事です。水泳もかなり特殊な競技だと思いますが寝た状態で行い体幹の強さが重要な点が柔術と共通してます。

ウェイトトレーニングのやり方は以前NSCAで北島康介選手のトレーニングを担当した方の講義を受けた事があったのですが、ほとんど覚えていなかったので改めて本などを探しました。

一冊の本から北島康介選手が「チーム北島」という運動生理学や治療、ウェイトトレーニング、映像分析などの専門家の集まりによって強化されていたということを知りました。そして水泳自体のコーチの平井さんという方の考え方が面白かったので彼に関する本を最近数冊読みました。

2011090210280000.jpg

選手としても指導者としても参考になる事が沢山ありました。中でも、一般的に正しいと言われていることを選手に当てはめようとせず、選手一人一人を良く見てどうやったら強くなれるかを自分の頭で考えることが大事だというのが印象に残りました。

一般に水泳選手は体が柔らかくなければ大成しないと言われているそうですが、北島選手はものすごく体が硬いそうです。にもかかわらずキックの強さやメンタルの強さなどに目をつけ強化選手に選び一般論に捉われず常に選手を見て頭を絞って強化してきたことを知りました。

それともう一つ、やはり強くなるため、しかも彼らの場合は世界一ですから、それには執念というかちょっとやそっとの失敗ではへこたれない強い気持ちが一番大事だということを感じました。

中山
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

道場の様子をライブで流しています。クラス外の時間は各クラスの様子の録画です。

BAD BOY

トライフォースオンライントレーニング

フェイスブックページ

インスタグラム

道場の日々の様子

Instagram

 https://www.instagram.com/triforcegotanda/

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM