品川区のブラジリアン柔術道場  トライフォース五反田のおかみ日記 

品川区にあるブラジリアン柔術&フィットネスアカデミー トライフォース五反田−TFG の女将と道場主の日記です。
道場の日々や、お知らせなどを綴ります。
レオ・ノゲイラのパスガード&サイドバックアタック
0

    ギ8月27日(土)17:30〜18:30 ブラジリアン柔術の無料体験会を行います!!キモノ

     

     

     

    前回の続きです。今回はレオ・ノゲイラ(青道着)のトップからを見て行きます。

     

    1:34

    スイープしたらそのまま相手の腰を潰してフォールディングパス(相手の体を折り畳むようにするパス)へ。

     

    1:45

    かなり良い位置まで行ったように見えたのですが、

    相手はバタフライフックを入れてリカバリーし、跳ね上げて起き上って行きます。

     

    レオは何回か相手の跳ね上げてくるフックを腰で潰してフォールディングパスを狙いますが、

    相手に起き上られます。

     

    ですがレオはフォールディングパスの時に額でベースを取り、右手は相手の左膝内側をグリップしているので、

    スイープされても得意のアンダーフックハーフガードの形に戻ることができ、再び攻撃を開始します。

     

     

    3:57

    再び同じ形でスイープし同じパスガードへ。今回はフォールディングするや、早めに逆サイドへ飛びます。

     

    ここでレオのガードから始まっていた膝内側グリップが生きます。

     

    相手は背中を向けて逃げるしかない状態ですが、膝内側を引き付けられて向うへ返れません。

     

    スイープ、パス、ポジショニング全てが同じフォームから繰り出されます。

     

     

    4:10

    相手の抵抗が弱まったと見るやレオはサイドバックへ。

     

    バックコントロール、横向きマウント、サイドコントロールの3つへの変化のオプションがあり、

    非常に有効なポジションです。

     

    ここではサイドコントロールとなりパスガード3ポイントが入ります。

     

    この後レオは、このポジションを維持し相手の逃げ方に応じて、バックコントロールをねちっこく狙い続けます。

     

    焦って不完全な状態で次のポジションに移行し、失敗する人が多いです。これは相手を楽にしています。

     

    積極的に攻めたい気持ちは分るのですが、ポジションを維持するだけで相手は嫌なのです。

     

    この試合でも結局7:15からの流れでバックコントロールを取り、8:34にはカラーチョークで一本勝ちしています。

     

    昨日エノさんの記事で書いたことと重複しますが、トップ選手の試合からそういうことを学んでいきたいです。

     

    中山

     

    ☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト

    ☆毎日更新中!フェイスブックページ

    ☆クラス時間割はこちら!

    ☆3歳〜小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 試合動画 | 13:07 | comments(0) | - |
    レオ・ノゲイラのハーフガード
    0

      ギ8月27日(土)17:30〜18:30 ブラジリアン柔術の無料体験会を行います!!キモノ

       

       

      先月行われたIBJJFプロリーグの準々決勝戦、レオ・ノゲイラ(青道着)対アレッサンドロ・セコーニです。

       

      1:07

      青道着のレオがガードプルします。深くもぐって一気にアンダーフックハーフガードの良い形を作ります。

       

      1:11

      すぐに起き上がってスイープを狙うレオ。

       

      左足が相手の右膝下を外に刈り取り、左手は相手腰を引きつけているため、

      相手は向き合ってレオを押さえることができません。

       

      右膝をマットに着いたままだと倒されてそのまま上を取られてしまうと感じた相手は、

      何とか立ち上がろうとします。

       

      1:26

      レオはそれに合わせて、相手を後ろに倒します。

       

      レオが左ふくらはぎを相手の右足首に掛けて、4の字に組み、

      左膝内側をグリップしているため、相手は両足とも自由が利きません。

       

      レオは相手の右足をロックしたまま、胸を張って相手の膝にプレッシャーを掛けます。

      タートルトップからのレッグトラップアームロック(腕ひしぎ腹固め)のような感じです。

       

      相手は膝が伸びて決まってしまうので、後ろに倒れざるを得ません。

       

      1:50

      パスを狙うレオに対し、相手はアームラップ(小手巻き)でのフックスイープから起き上がります。

       

      1:57

      それに対しレオは再び同じ形に戻ります。

       

      立ち技だけで考えれば、レオは相手膝内側をグリップしていることによって、

      自ら投げられやすくなっており、良い形とは言えません。

       

      実際にぶん投げられますが、2:14のこの形を取ることができるので、

      レオは自分の展開に再度持ち込めば良いのです。

       

      かなり体が捻れてきつそうな形ですが、

      ヘッドロックエスケープやアンダーフックハーフガードから起き上がる時に必要な動きです。

       

      3:37

      右手のグリップは切れてしまいますが、相手の足を絶対に股の間から出させません。

       

      そして相手がレオを投げる力を利用して、転がされながら右手で相手左膝内側を掴み、

      ロールオーバースイープを狙います。

       

      相手は返されず最初と同じ形に戻ります。

       

      3:54

      レオは再び後ろへ相手を倒します(今度はレオの右足が相手の右足首をロックしています)。

       

      永遠の循環が繰り返される恐ろしいガードです。

       

      膝を着いていたら押し込まれて倒され、投げようとすれば巻き込まれ、立ち上がれば後ろに倒される。

       

      こんな風に相手を袋小路に追い詰めて行けたら最高です。

       

      この永久機関はトップになっても続きます。次回はそれを書きます。

       

      中山

       

      ☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト

      ☆毎日更新中!フェイスブックページ

      ☆クラス時間割はこちら!

      ☆3歳〜小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト

       

       

       

       

       

       

      | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 試合動画 | 15:16 | comments(0) | - |
      パウロ・ミヤオのパスガード
      0

        ベロオリゾンチ・インターナショナルオープンのフェザー級決勝戦です。

         

        パウロ・ミヤオ選手(坊主頭じゃない方)のトップを見て行きます。

         

        0:32

        ダブルガードから右手で相手襟を探り、何回か防がれますが、掴むや否やトップ。

         

        パウロはトップも強くダブルガードに拘らなくなりましたね。すぐに上を取ってアドバンテージをゲットしてます。

         

        相手は左足をパウロに掛けたいようですが、パウロはその足のズボン裾をポケットグリップ(袋取り)して押し下げています。

         

        右足もコントロールしたいですが、相手に袖口を掴まれて引かれています。

         

        0:56

        パウロは手首を返したり、立ち上がる力を使って(腕だけで引き返そうとせず)何とか相手の右のズボンを掴もうとします。

         

        相手はパウロを右足で後ろに蹴り押しながら、上体を起こそうとし、そのタイミングでパウロも相手右ズボンを持ちます。

         

        この段階ではパウロの左脇が開いていますが、すぐに脇を締めて肘を相手右スネに当てて力強く押し下げます。

         

        これは相手に袖口を掴まれ、引かれてしまっている時に有効な相手足の押し下げ方です。

         

         

        1:12

        パウロは右手で相手襟を掴み即クロスニーパスへ。

         

        それまでは、右手で相手の左足を押したり引きあげたりして、何とかガードさせないようにしていましたが、

        相手はそれがフリーになったのですぐにクロスガード(足交差)します。

         

        そのままならパウロがレッグドラッグできるのですが、相手は右足をパウロの左足膝裏に掛けて、Xガード的に守ります。

         

        さらにトライポッドスイープ(草刈)で後ろに倒します。

         

        1:26

        立ち上がったミヤオは相手の両足ズボンをしっかりコントロールし、レッグドラッグへ。

         

        ドリルをやって体にテクニックが染みついていると、こういう瞬間に自然にテクニックが出て、

        チャンスを逃がすことがなくなります。

         

        相手足が道着内側に引っ掛かってしまい、完全に押し込めませんが、そのままプレッシャーをかけ続け、

        体勢を低くし、右手で相手左襟を持ち、良い形に持っていきます。

         

        相手は左足をパウロの右足の内側に入れたいですが、パウロは右足をワイプして(膝から下をワイパーのように動かして)、

        相手左膝裏に爪先をひっかけます。

         

        これをこまめにやっておくのは50/50や足関節に持ち込ませないためにとても大事です。

        自分と相手の全身に神経を張り巡らせ、対処し続けましょう。

         

         

        1:39

        右手で襟を押してシットアップエスケープを狙う相手ですが、パウロはその右肘を左手で弾いてずらし、

        くぐるようにして相手腰に密着し両手で抱えます。

         

        それでも何とか体をずらして逃げようとする相手の脇下からバックにつきます。

         

        相手は前転してガードに戻します。首の逃げ場がなく、落っこちながら相手の体重を受けてしまう、

        かなり危険な戻し方です。

         

        前・後転エスケープは肩抜きでやること、と僕ら指導員は口を酸っぱくして言っていますが、

        こういう状態を恐れているからです。

         

         

        試合後半にも良いパスガードアタックがあるので、次回それを取りあげます。

         

        中山

         

        ☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト

        ☆毎日更新中!フェイスブックページ

        ☆クラス時間割はこちら!

        ☆3歳〜小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 試合動画 | 14:29 | comments(0) | - |
        クラーク・グレイシーのオモプラータ
        0
          おはな4/23(土)17:00〜18:00・ブラジリアン柔術無料体験会参加者募集中!おはな


          コパポジオでのクラーク・グレイシーの試合です。

          クラークといえばオモプラータです。すっぽんの様に一度食いついたら離しません。

          動画は相手が脇下にクラークの足を抱える1レッグXガードを作ったところから始まります。

          0:15
          クラークは相手の足のフックを外すと自分から前に飛び込みます。

          スイープされながらにも見えますが、袖口をちゃんと持ってシングルレッグテイクダウンへのカウンターとして、
          前転しつつオモプラータへ入る方法を使っています。

          相手も間髪いれず立ち上がります。

          しかしクラークは0:19に股の間から手を入れて相手の襟を持って引きつけているので、
          立たれてもしっかりとぶら下がって相手の腕は抜けません。

          そして右足を振って相手がズボン裾を持ったり、直立を維持したりできないように揺さぶります。

          1:04
          腰を屈め頭が下がった相手の左膝裏に右足をフックして相手を前転させます。

          相手は自分から更に回転してエスケープを試みますが、クラークはその間に相手の腰を抱きかかえ相手の動きを止めます。


          1:12
          座り込んだ相手の左脇下から襟を持ち、右足フックを相手の右膝裏に掛けて相手の動きを封じ、右手で絞めを狙いに行きます。

          左手で持っていた襟を右手に渡したら、右足でエビをして絞めやすい位置に動きます。

          左手は相手の左手首を持って相手を制し、最後に相手の後頭部を押して絞めを完成させます。



          一度掴んだチャンスを逃さないという勢いがすごいですね。獣のようにフィニッシュまで動きを止めず攻め立てますね。

          僕自身はしっかりポジションを取ってからきめたいタイプですが、どこからでも一本を取りにくる相手はとても嫌でした。

          一本取りスパーリングをやったり、今日はひたすら一本を取りに行こうと決めてスパーリングする日を作るようにするなど、
          堅実にポイントを取るタイプの人もガツガツ取りに行く練習をしてみると良いです。

          ポイントで負けていても絶対に勝負を諦めない姿勢を身につけたり、自分の幅を広げるためにおすすめです。

          中山

          ☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト

          ☆毎日更新中!フェイスブックページ

          ☆クラス時間割はこちら!

          ☆3歳〜小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト



           
          | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 試合動画 | 16:34 | comments(0) | - |
          JTのラッソーガード
          0
            先日淀やんにラッソーガードをやりたいので誰か選手を教えて下さい、と聞かれていました。

            デラヒーバガードとラッソーのコンビネーションは多くの世界トップ選手が使っているので、
            少し探してみるとお手本となる試合が見つかりました。


            カリフォルニアで行われたグラップリング大会でのJT(ジョナサン・トーレス)対ユーリ・シモーエスの試合です。

            3階級差くらいある対戦です。JTがラッソーガードでディフェンスに回っています。

            ユーリはレッグウィーブパス気味にトライポッド、ニーリング、またはスプロウル状態でサイドに回り込んできます。

            レッグウィーブと言っても完全にJTの両腿を束ね潰すことはできていません。

            ですが、JTの右足つま先がユーリの脇下から外れ、左右へ両サイドへ回られる恐れがあります。

            JTの対処を説明します(左右はJTから見て、です)。

            4:07、4:40
            相手の手を自分の腰辺りに引きつけてテコが利くようにしておくため、相手の左袖口を両手で引き付けています。

            ユーリがニーリングの時は左右へ素早く回られる恐れがないため、その時にやっているようです。

            ユーリがトライポッド、スプロウル状態で横に回り込むプレッシャーをかけてきたら、

            2:17、3:39、4:30、5:30
            左側へ回り込まれそうな時は、左膝を越えられたら左手でユーリの上腕や肩を突っ張ってブロックして止め、
            チャンスがあればカウンターのスイープを狙っています。

            左手はブロックしつつ襟を掴み右側へ行かせない効果もあります。

            3:12、5:45
            右側へ回り込まれそうな時は、左手でユーリの襟を引きつけています。

            ユーリの左襟を引き付け右側に体を向けて、オープンガードの基本の変化形(左足裏をユーリの右上腕に置き右足はラッソーのまま)に変化しています。

            4:19、4:50
            ラッソースイープはカウンターで左スネに相手を乗せるようにするバージョンだけでなく、左膝を立てるように左足で逆エビして一気に腰を右に向けてのバージョンも使っています。


            ユーリのパスガードプレッシャーが強く、防戦一方ではありますが、ラッソーガードの基本的な使い方が随所に見られると思います。

            中山

            ☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト

            ☆毎日更新中!フェイスブックページ

            ☆クラス時間割はこちら!

            ☆3歳〜小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト


             
            | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 試合動画 | 17:13 | comments(0) | - |
            ニーノ・シェンブリのパスガード
            0

              昨日書いたニーノ対マルガリーダの続きです。今回はニーノのパスガードです。

              2:47
              サイドコントロールをガードに戻され、フックで浮かされますが、足を思い切り前について一気に直立してスイープを防ぎます。

              相手は立ったニーノに対しシッティングガード、両袖コントロールしていますが、ニーノは相手のズボンを持つとすぐに横に回り、頭は相手胸元につけます。

              当然マルガリーダもいい位置に頭をおこうとするため、両者がバッティングしているように見えます。そのくらい頭の位置取りは大事です。

              より良い位置を取ったニーノがサイドに回ると、マルガリーダは寝かされて片足を何とか絡めるのがやっとです。


              2:53
              ここでニーノはオーバーアンダー(咬み付き)パスで見事な右足膝下のワイパームーブを見せます。

              このムーブは早川総代表によくやられました。オーバーアンダーは僕も好きだったのでよくニーノを見て研究しました。
              TFGでは辻さんの十八番です。


              3:08
              一度はプッシュでガードに戻されましたが、スマッシュ気味に相手足を殺して背中側に回り込みます。

              マルがリーダは再びシッティングガードで対応しますが、再び先ほど同様頭を胸につけて今度は背中を掴みながら、ワイパーで足を越えます。

              マルガリーダもお尻、両足を上げて後転スイープのカウンターの反応を見せますが、ワイパーでのパスの良いところは大きな重心移動や体の捻りがないので後転スイープを喰らいにくいことなのです。

              マルガリーダの右膝がまだ間に入っているので、ニーノは右手ですぐその右足を掴み制します。

              ニーリングベースの右膝をその右モモ下に差し込むと、右手は足を掴んでいる必要がないので、相手の体の向こう側に出して腰を固めにいき、そのまま右にジリジリ動くことでニーノに向き合いたい相手は腰の向きを逆にされてしまいます。

              ここら辺の処理はオートマティック化されていて淀みなく美しいです。


              中山

              ☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト

              ☆毎日更新中!フェイスブックページ

              ☆クラス時間割はこちら!

              ☆3歳〜小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト



               
              | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 試合動画 | 21:45 | comments(0) | - |
              ニーノ・シェンブリのシッティングガード
              0


                2000年に行われたリオ対サンパウロの対抗戦での1試合、アントニオ”ニーノ”シェンブリ対フェルナンド”マルガリーダ”ポンテスです。

                プロのTVマッチで1試合6分で行われました。

                ニーノは天才と言われた選手で1990年代中盤からトップ選手の一人として活躍していました。

                マルガリーダはこの試合の翌年に当時の最強王者サウロ・ヒベイロを階級と無差別で破り世界王者になっています。

                1:12
                試合開始直後にニーノがガードプル。ラッソーガードを作るとマルガリーダが頭を下げてレッグウィーブ(相手の両足を束ねる様にする)パス気味に攻めてきます。

                対するニーノは起き上がって相手の帯を掴みドラッグします。

                しかしマルガリーダはニーノのズボン膝にしがみつき、バックに回らせず、脇差パスのカウンターを仕掛けてきます。


                1:15
                ニーノはすぐに右肩を支点にタートルになり左手で相手膝をつかみます。左足を上から相手の背中に大きく回して、シットバックでガードリカバリーします。

                脇差パスに対し、背中をマットに着けてエビのみで対応する人が多いです。

                先ずは左腕を相手の顔の前に出し、少なくとも半身、できればタートルになり落ち着いてシットバックできるとパスされにくくなると思います。


                1:22
                ここでも相手が頭を下げて攻めてきたら、背中をマットに着けたまま受けずに、シッティングガードになります。

                さらに立ち上がって相手の腕を足で挟んでクルスフィクスで攻めるかと思いきや、相手と並んで前転し腕を極めに行きます。


                ニーノはここまで動きを止めずに攻め立てていますね。プロ柔術で試合時間が6分ということもあるのかも知れませんが、シッティングガードを有効に使い、なおかつそこで止まらず立って行くことでより有利な展開を作り出しています。

                レギュラークラスではスタンディングを交えてスパーリングを行っているので、こういう寝と立ちの際をどんどん練習して欲しいです。

                ガードというと寝そべって足を利かせるテクニックという固定観念を捨てましょう。

                中山

                ☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト

                ☆毎日更新中!フェイスブックページ

                ☆クラス時間割はこちら!

                ☆3歳〜小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト




                 
                | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 試合動画 | 21:31 | comments(0) | - |
                レオ・ノゲイラのハーフガードパス
                0
                  クローバー2/27(土)17:30〜18:30ブラジリアン柔術・無料体験会 参加者募集中!!クローバー

                  ギ3月5日(土)15:00〜帯授与式、18:00〜送別会、皆さんご参加ください!キモノ


                  前回の続きです。

                  6:15
                  ダブルレッグテイクダウン気味にトップを取ったレオは、そのまま相手両足上に腰を乗せ潰しています。

                  膝下のワイパームーブでパスを狙います。

                  上半身はがっちり引き付け、下から顔を押して起き上がって逃げたい相手を固めて逃しません。

                  しかし7:42に片足を相手に絡まれます。

                  始めはマルセロ・ガルシアのように体を伸ばし体重を浴びせて、絡まれていない右足先を相手内ももに掛けて、
                  足を抜こうとしています。


                  9:20
                  しかし、相手は二重絡みしているため、絡まれている左足を曲げてクロスボディコントロール(相手の体に直角になる)に変化し、
                  ニーリングベースを取ることで二重絡みを外します。

                  そこから右に腰を捻りスペースを作って左腕を相手の足の間に差し込み、
                  この手で相手ズボンをがっちり掴みます。

                  クロスフェイス(枕)は浅く、肩で相手アゴにプレッシャーをかける形ではありません。

                  オーバーアンダーのショルダードライブパスに近い、相手の腰に近い位置に頭が移動しています。


                  10:00
                  レオが力強く左足を後ろに伸ばすと相手は足の先端しか引っ掛けることができない位置です。

                  この位置では強い力で足をかけることはできません。腰を固められているので向き合うこともできず尚更です。

                  相手は背中をフラットにしたままブリッジしてレオを押しますが、
                  レオはお尻を上げ前に乗り出して相手を押さえます。

                  押しのけることができないので、相手は右に返って逃げようとしますが、
                  レオが今度は再び両膝をマットに着き重心を後ろに下げます。

                  なおかつレオの右脇下に左腕が残っているためにターンできません。



                  トップを取ってから4分かけてパスしています。

                  パスというとブルファイターやレッグスイングで、
                  ダイナミックにスパッと3ポイント取るイメージを持っている人が多い気がします。

                  黒帯の試合時間10分だからだとも言えますが、
                  このくらいじっくりとプレッシャーをかけてパスをするテクニックも身につけたいです。

                  中山

                  ☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト

                  ☆毎日更新中!フェイスブックページ

                  ☆クラス時間割はこちら!

                  ☆3歳〜小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト




                   
                  | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 試合動画 | 12:02 | comments(0) | - |
                  レオ・ノゲイラのハーフガード
                  0
                    クローバー2/27(土)17:30〜18:30ブラジリアン柔術・無料体験会 参加者募集中!!クローバー

                    ギ3月5日(土)15:00〜帯授与式、18:00〜送別会、皆さんご参加ください!キモノ


                    2週間前に行われたアトランタウィンターオープン・ヘビー級決勝戦、アリアンシのレオ・ノゲイラの試合です。

                    1:25
                    ガードプルに対し相手はハーフガードで固めに来ます。レオは半身になり相手のズボン膝部分を掴んで左に振ります。

                    相手はレオの上に乗らないように戻るので、それに合わせてレオはさっきよりも起きることができます。

                    レオに起きられるのを防ぐために、相手はレオの足をすくいクロスボディで体重を浴びせます。

                    再びその力を利用して左へ相手を跳ね上げます。



                    3:15
                    レオが今度は足を開いて左足でブリッジし相手を乗せて後転スイープを狙います。

                    相手はレオに袋取りされている左足を少しずつスプロウルしていました。

                    そのままだとグリップが切られたり、相手の重心が自分から離れてしまい、起きている反動が使えなくなるので、
                    早めに対処していますね。

                    後転スイープには相手が反応して足を抜いてパスしたため、すぐにスピンしてガードに戻します。

                    自分が一度アタックし始めると、そのあとの相手のリアクションはお構いなしになってしまう人が多いです。

                    僕も昔そうでした。

                    スパーリングや、テクニックの反復練習を勢いや素早さのみでやってしまう人は、
                    相手のリアクションを感じ取る能力を磨くことが難しいと思います。

                    スパーリングはもちろん、テクニック練習の時から、動きの中で、相手と自分の重心、姿勢、位置関係、
                    力の向きなどの変化を、常に感じ取ろうと心がけると、少しずつできるようになります。



                    4:05
                    相手が前にプレッシャーをかけてくるのを止めつつ、タイミングを見て左足で相手脇を蹴り上げ、左手で脇差に行きます。

                    さらに左足でマットを蹴って足を振り上げて相手を自分の頭上に送り出しています。

                    この動きがないと相手はその場にどっしり止まってどんどん有利な体勢に持って行かれてしまいます。

                    脇を差したレオですが、相手はクロスボディコントロールを徹底しているため、レオはそれ以上起き上がれません。

                    そこでレオは4:28にも左足でブリッジして相手を頭の方に送り出し、シングルレッグで顔が下を向くくらい起き上がることに成功します。

                    この後は相手のズボン裾を両手で持ちジワジワ引き付けます。相手も根負けしている感じでセコンド見ています。

                    十分に相手の足を引き付けることができ、レオは4の字に組んでいた足をオープンして一気にダブルレッグで押し込みスイープします。

                    同じアリアンシのベルナルド・ファリアとガードの形こを違いますが、同じようなスタイルの攻めですね。

                    起きる↔頭上に相手を出す、のシンプルなコンビネーションですが、じっくり自分の有利な形を作りきっています。

                    今回はここまでで、次回トップからの攻めを取り上げます。

                    中山

                    ☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト

                    ☆毎日更新中!フェイスブックページ

                    ☆クラス時間割はこちら!

                    ☆3歳〜小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト


















                     
                    | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 試合動画 | 17:00 | comments(0) | - |
                    今日の試合動画
                    0
                      クローバー2/27(土)17:30〜18:30ブラジリアン柔術・無料体験会 参加者募集中!!クローバー

                      ギ3月5日(土)15:00〜帯授与式、18:00〜送別会、皆さんご参加ください!キモノ

                      トライフォース五反田のyoutubeチャンネルに今日の動画を上げました。


                      ↑は優勝した林さんの初戦です。

                      残念ながら林さんの決勝戦は道場のビデオで撮れませんでした。

                      フェイスブックで本木さんが上げていますので、そちらをご覧下さい。

                      明日は2階と3階に分かれての開催です。手分けしてセコンド&撮影をよろしくおねがいします。

                      僕はレフェリーをやることになってしまいましたができる限り皆の応援をします。

                      中山

                      ☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト

                      ☆毎日更新中!フェイスブックページ

                      ☆クラス時間割はこちら!

                      ☆3歳〜小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト


                       
                      | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 試合動画 | 22:07 | comments(0) | - |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + 道場の様子をライブで流しています。クラス外の時間は各クラスの様子の録画です。
                      + BAD BOY
                      + トライフォースオンライントレーニング
                      + フェイスブックページ
                      + ぐるすぽ
                      ぐるすぽ http://glgls.com/s/A0002-001/
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE