毎日食べるご飯で強くなる。

  • 2017.08.16 Wednesday
  • 13:39

 

ギ8/26(土)ブラジリアン柔術・無料体験会!参加申込受付中!!キモノ

 

 

おかみは季節ごとに年に数回、代々木公園にある薬膳料理教室に行っています。

ココ↓

パンウェイキッチンスタジオ 

 

時々行く、この教室は私の日常と違って、女性しかいない空間なので、いつも緊張します。

 

薬膳料理と言うと、日本だと生薬のたっぷり入った、

薬臭い食事のイメージが、ちょっとありますが、

コで習うのは、そういう薬膳料理でなく

中国の一般家庭で 昔から伝わる 「いつも食べるご飯で、健康を保つ」方法です。

 

食材も、普通のスーパーで買えるモノ。

それらを、旧暦から季節を細かく捉えて 

その季節にダメージを受け易い、身体の部位を補う食材と

次の季節に備え、病気を防ぐ身体作りを学びます。

 

 

とかいうと、小難しそうなのですが

この教室のテーマにしている事は、「毎日食べるもので、健康になる」

ということなので、 手の込み過ぎるモノはありません。

まさに、ずぼらな私向き(笑

 

その代わり、先生は

「盛りつけはキレイに丁寧にすること! 端を揃えてお皿に乗せる!」

と仰っています。これがまぁ、私は苦手で苦手で・・・(苦笑

(中華鍋振り回すのは得意)

 

昨日は

暑い時期は、冷たいモノを取り過ぎて、胃がくたびれていることが多い、

冷房などで冷えすぎた身体は、ちゃんとご飯で温める。

身体を涼しくするなら、冷たいものではなくて

キュウリなどの、夏の野菜をたくさん食べる・・・

そんな事を習いました。(もっとたくさん習ったことあり)

 

 

ここの所ちょっと涼しいから、食欲も進むと思います。

野菜をたくさんとって、

元気に練習できるように、皆ももりもり美味しいご飯を食べて下さいね!

減量中の人も、ご飯食べないと痩せないんだからね!

 

 

皆が健康に強くなれるように、おかみは色々なことを、学びたいと思っています。

 

 

おかみ

 

 

小学生のころ

  • 2017.07.24 Monday
  • 13:00

今、おかみの職業は
ブラジリアン柔術の道場を経営&そのインストラクター
という自営業です。


北海道の知床の小さな町で過ごしていた時は、
こんな職業に就くとは、全く想像していませんでした。
(そもそも48年前には、存在していない職種ですね)


幼稚園は、2歳から通いましたが、
幼稚園から、徒歩1分くらいの場所に
祖父母が働いていた公民館があった為、
帰りは、祖父に送ってもらって
一緒に手を繋いで帰ってきていました。
(コレが残念なことに同世代の友達を遠ざけてしまった)

 

運動を全くしない、読書家の母でしたので、
さしたるスポーツ的なものもせずに、小学校に入学。


一年生の時 父の思いつきで、いきなり
知床連山の中の最高峰 (1661m)羅臼岳登山を家族ですることになり
その準備として、夏休みに
朝、走らされた事がありました。本当に嫌だったです。

でも、日本百名山に入る その山は
山頂に 天然記念物の花がたくさん咲いている場所があり、
エキノコックス(キツネの運ぶ寄生虫)を気にしながら飲んだ、湧き水が美味しかったことを覚えています。


その直ぐ後で、
大動物(牛馬豚などの主に家畜)獣医だった父が
「研究用」と称して飼い始めた仔牛の世話が始まり

5時半に起床して
裏玄関で汲んだ水を
牛舎まで運んだり、
牛の餌が入った袋を担いだり、
仔牛にミルクやったり、
一輪車で、おが屑を運んだりする
「お家のお手伝い」(にはちょっとハード)をしていました。


最終的には、その牛から得た利益で、私と妹は東京の大学に行く事ができたわけですが、
大変だった記憶よりも
仔牛が可愛かったことや、
牛の顔(柄じゃなくてね)が、一頭ずつ判別が付いていた事ばかり思い出します。


その小学生の頃の、私の足の壊滅的な遅さと 運動神経の悪さは、筋金入りで

クラスでグラウンドを走ると、
一番最後に走っている
腎臓の病気の薬の副作用で、かなりなオーバーウェイトになってしまっている男のコの
一つ前を 走ってるポジションでした。

好きでやっていた筈の バトンも、
踊りの下手さとリズム感の悪さには自分でも辟易していました。


結構よく練習したつもりの スピードスケートも、
名だたるオリンピック選手を出すような少年団の中では、下の下にさえ入れない様な有様で、

 

でも凍った空気を頬に感じながら、氷を滑る楽しさは、ふんわりと覚えています。

 

 

運動は何をやっても、本当にダメダメで

そんな私が、大学進学の時に「日体大に行きたい」と言った時は

親、親戚、先生、友人に呆れられた記憶があります。

 

 

「いや、運動がしたいんじゃなくてね、

(そのころは)日本にあまりいないけど、「スポーツトレーナー」って職業に就きたいの」

 

という話をすると、不思議そうな顔をされました。

 

ま、でも一緒に受験した、バスケ部の仲間は分ってくれてたから

特に気になりませんでした。

 

運動神経がよくないくせに、体育大に迷い込んだ私は

「クラスで1番運動ができるんじゃない、学年で1番か、その学校で1番運動のできる人達」

のエリート集団の中で、

器械体操や、水泳、バドミントンや、陸上のハードル等 

それぞれの専門家である同級生たちに

学ぶ機会を得ました。

 

良く一緒にいた友人が、器械体操の出身だったのですが、

「できない時は、そこの身体の部分を、

バンバン叩いて、その痛みがあるうちにもう一回トライするといい!」

と言って、わたしの左あしをペシペシ叩いて

何回も何回も、平均台の試験のための練習に 付き合ってくれたことがありました。

(↑科学的根拠あるのか謎・笑)

 

 

 

大学で上京し、バブルに浮かれる東京に唖然とし

「東京で生きるためには、沢山のおカネが必要だ」と思いこんだ私は、

スポーツトレーナーの夢をあっさり捨てて、フツーに就職活動をして、

その頃、ボーナスが一番良いというわれた業界の、証券会社に入社、

入社した年にバブルがはじけて、

結局貧乏一人暮らし。

「スポーツに関わる仕事したいと思っていた・・・」

と言う後悔が、ずっと頭の片隅に残り・・・

 

・・・イロイロあって、今に至ります。

 

 

結局、小学生の時にやっていた運動や生活習慣は、

特になにかの結果は、でなかったけれども

その時に「やったことある」という経験と、

その後の色々な人との出会いで、現在、なんとか、やっています。

 

 

 

31歳で私が出会った ブラジリアン柔術と言う競技は

あまり運動神経の要らない競技だと言われます。

練習量が、センスに勝る競技だと言われます。

 

試合に勝った子も、そうでなかった子も、なかなか挑戦しようとすらしない子も

練習沢山していたら、なにか得るモノがあるはずなのです。

後は、それを試す勇気を

仲間にもらって、自分がふりしぼる事が出来るかどうか。

 

 

小学校の時の勝ち負けよりも、もっとずっと大事な事は、

チャレンジする心だと信じています。

 

「成功体験を積ませる」

「勝ちに行く力を付ける」ナドナド・・・

世の中には、親御さんにとって耳触りの良い言葉に、あふれていて

私自身も、間違えてそれらをとらえたり、

ぐらつかないように、

 

私達は、

「子供のどんな可能性も、助けられるように」

有りたいと思います。

 

 

小学校のマラソン大会で、太っちょの男の子の一つ前を走っていた、

周回遅れの私は

スポーツすることと、それをしている人を見ることで幸せを感じます。

 

広く長く、のびのびと 色々な可能性を伸ばせるように

子供達を見守りたいと思います。

 

 

 

 

おかみ

 

品川区 の、アリさん。

  • 2017.07.07 Friday
  • 21:02

ここの所、ニュースでしきりに我が「品川区」

が連呼されているようです。

 

ネタは、あのアリさん。

ヒアリ・・・(↓コレはその女王アリ)

しかしまぁ、何という美しいフォルム。

ウエストの、ちょっとしたでっぱり、 ぷりっとしたコハクのようなお尻。

見れば見るほど、ウットリです。

 

 

刺されると、死に至ることもあるそうですが、

まぁ、それってそこら辺にいる スズメバチも一緒です。

ちょっと前に話題になった、セアカゴケグモ なんかも お外から来た怖い昆虫ですね。

 

 

で、思うんですが 件の虫。

最近ちゃんと見ましたかね?虫。

ってか、そもそもアブと蜂の区別、つきますか?

 

柔術に関係ない事のように思えますが、(まぁ、ホントに関係ないんだけど)

ブラジリアン柔術が護身術であることを考えると、

 

「危なそうな場所に行かない」

「イカレてそうなヤツにには近付かない」

「何かあったら、先ずは逃げる」

 

と言う事は、生活全てに当てはまります。

 

日本に元々いるアリさんを観察してみましょう。

 

日本のアリについての、こんな記事 (←実は知らない蟻の種類まとめ)を見つけました。

これにも、ヒアリに似たような赤っぽいアリがいたりします。

 

けど大抵、五反田にいるのは、黒いちっさいアリ。

 

小学生くらいのお子さんがいる人は、ぜひ一緒に道端にしゃがんで

アリの巣を見てみましょう。

「そこら辺にいる、アリ」の顔を覚えると、

 

「なんかオマエ、ちょっとヤバそうだな」

っていうアリに出会った時、逃げておこうかな と、思えるようになれると

おかみは考えています。

 

 

いつでも柔術を、ココロに!!

 

 

おかみ@ありんこだいすき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレオのかけらの入った、マックシェイク。

  • 2017.06.17 Saturday
  • 13:28

今日は、北海道の盛夏のような、爽やかな気候の土曜日です。

 

道場にも、開け放ったドアから良い風が入ってきます。

 

風に当たると、涼しく感じることが多いですが、

練習中は、確実に体の水分は失われています。

練習の前に、水分をしっかりと補給しておきましょう。

 

・・・水分ですが、おかみは、練習の前に

エナジードリンクのようなカフェインがたくさん入ったドリンクを飲む事は

絶対にお勧めしません。

 

カフェインの作用で、気合いが入る

という事はあるかもしれませんが、

そもそも柔術は 落ち着いていなければやられてしまうスポーツです。

 

そして、大量のカフェインは利尿作用により、体から大量に水分を奪います。

 

柔術は、この暑い日に「厚手の生地の長そで長ズボン」を着用して 全身運動をしています。

水分を入れる事はあっても、無駄に出す必要はありません。

ほおっておいても、汗だくになる事は皆も知っています。

 

 

身体の水分が減り、血液の濃度が上がると…

 

 

・・・想像してみて。

柔らかいシリコンのカップに、水が入っていてそこからストローが出ています。

軽く押せば、ピューッと出てきますね。噴水みたく。

 

同じカップに、マックシェイクが入っているとしましょう。

 

強い握力で握りしめないと、ストローからシェイクを飲む事は難しいでしょう。

 

 

シリコンの柔らかいカップは、心臓。ストローは血管。

軽く押すか、強く握りしめるか・・・

これが心臓への負担度合いです。

 

更に、想像してみて。 

そのマックシェイクに砕いたオレオクッキーが入ってるの。(美味しそうだな)

ドロドロのシェイクでオレオのかけらを押しだそうと、強い力で握ったのに、

クッキーがストローの入り口に詰まってしまいます。

 

更に強い力で押しだそうと握りこんだら、ストローすッぽ抜けるか、

カップと、ストローの間から、シェイクが飛び出すか・・・・

もし、ストローがやっすいうすーいもので、更に細ければ 裂けてしまうかもしれません。

 

 

このオレオのかけらは、血栓。 血管にくっついていることもあるけど、そこからはがれて

漂うと、どこで詰まるかは、運次第です。

 

↑(これは、一番美味しそうなヤツ・笑)

 

 

じめじめしている時に、適度なカフェインを摂取することは、

「運動不足な人のむくみ」を解消し、体の循環を促すとても良い事です。

でもそれは、緑茶や、ウーロン茶、コーヒー等で十分補えます。

 

 

皆さんは柔術家。

練習前ににコーヒーや、お茶の飲み過ぎは禁物なのに

エナジードリンクを飲む必要は・・・ 私はないと思います。

 

 

これからどんどん暑くなってきます。

我々中年のオッサン達の、心臓や血管をいたわって、

健康的に、柔術を楽しみましょうね!!!

 

 

 

おかみ

 

 

 

人生に必要な事は、柔術の中にある。

  • 2017.06.12 Monday
  • 22:13

ギ6/17(土)18:00-19:00無料体験会開催!申込受付中!!キモノ

 

白帯の矢野君は、とても勢いがおり、元気のいい柔術をします。

そして、
「先生!僕のニーは、スルーするのに、パスまでいきません!!」
等と、なかなか的確な質問をしてきたりします。(自分の技を、修正しようとしている証拠です)

先日、そんな矢野君とこんな話をしました。

 

 

 

おかみ 「はい、そこな青年答えなさい。 ブラジリアン柔術に於いて、最も大切な事は何でしょう?」

 

 

やの君 「・・・か、勝つこと???」

 

 

おかみ 「うぅむ… あのさ、 試合で勝つことは、もちろん大事だけど、相手が自分より強かったら、負けるんだよね。

     一番大事な事は、「ポジショニング」なの。 だから良いポジションでは点数が高いのよ。

    会社での立ち位置や、合コンでもポジショニング大事でしょ?

 

隣で話を聞いていた、宮崎さん

 

「そうだよ、僕なんか、人生のポジショニングに失敗しちゃったらもう、取り返すの大変なんだから…」

 

 

おかみ 「一回バック取られると 4点だから、そこからエスケープするのきついよねー」

↑少し盛ってあります(笑

 

 

・・・まぁ、そいういう会話は、置いておいて

柔術で大切な事は まずは「ポジショニング」です。

(あとは、強い心と強いグリップだと、ヒクソングレイシー先生が言ってた)

     

 

逆に言うと、ポジショニングを失ってまで攻撃を仕掛けるのは「柔術的」ではない。と思います。

 

 

 

白帯の人達に、よく入門クラスで言いますが

「マウント取られた時に、一発逆転狙ってやり返さないこと。守るのが最初、

この競技は、生き残るのが大事」

 

 

もちろん、試合で残り30秒しかなくて、大量得点差の場合は、

どこからでも一本を狙いに行かねばならない場面もありますが、

殆どは、それ以前にポジショニング(得点)で決着がついています。

 

 

     

社長秘書兼運転手だった、おかみのOL時代。 

最初から
「夜は、柔術のお稽古があるので、接待に同行も、送り迎えもできません」
「それに接待はランチにした方が、夜は予算的に行けない高級店にも行けて、先方にも喜ばれます」
「ここの、お店のシェフはスペインの有名レストランで星を取っていて云々・・・・・・・」
と、最初からパスガード、ニーオン、マウントと点数を重ね、
社内で「残業しない秘書」 ポジションをGETしていました。
(同時に、昇進も昇給もしない人ポジションだったけど、練習時間という給料で買えないモノを確保できていました)

 

本当に、しょうもない社員だった私をよく雇ってくれていたなぁ。

と、今でも あの社長には感謝しています。

 

 

 

・・・話が、大幅にずれましたが

とにかく、白帯の人達は ポジションを大切にして下さい。

パスされて、サイドを取られたら、ガードに戻しましょう。

マウントされたら、しっかりディフェンスして、足を一本でも絡めましょう。

柔道出身の人は、相手に背を向ける投げをしがちですが、テイクダウン2点取れても

相手に背を向けて、バックポジション4点失えば、

そこから先は、様々な絞め技の特急列車に乗ってしまいます。

 

 

会社でも、家庭でも、柔術でも

ポジショニングは大切にしましょうね。

 

 

 

おかみ

 

 

 

 

 

 

 

柔術世界大会 ワールド ムンジアル

  • 2017.06.02 Friday
  • 12:48
フェイスブックの
2014年の投稿が出てきたので、
貼っておきます。
ロングビーチは、ブルーピラミッドで行わる
柔術の世界大会が今年も、始まります。
今年はどんなドラマがあるでしょう。
***********************

道場を作ったオープンの日も
徹は練習に行っていた。

 

 

毎年毎年、ムンジアルにチャレンジしてきた。


パンナムも、ヨーロピアンも。

 

あの頃こんな風に集まって、応援出来たらどんなに良かっただろうと、
昨夜、集まった皆を見て少し鼻がツンとした。

独りで、指導して
独りで洗濯して
独りで心配して
独りで画面を見ながら

 

同じくどこかの部屋で独りで画面を見ている、
遠くの仲間たちと寝ないで、結果を待って
私は独りじゃなかったと思えた。

 

LAにいる徹さんからの連絡を待って

一つ勝てば! 2つ勝てば!!
と毎年見守ってきた。

 

 

 

道場に沢山の人が集まってくれているのに
画面に徹が映っていないのが、
複雑だった。

 

練習できる時間と、試合に挑戦できる環境を大切にしてほしい。

 

試合に出られる事ってことは
ホントに限られている時間の中での出来事なんだと、

私の息子達に伝えたい。

 

 

試合に出るのも出ないのも自由だけど

出ると決めた時に見える普段の練習の景色と、
負けた時の、情けなさと恥ずかしさと
言い訳したい気持ちに見舞われる、自分の狡さを思い知る感覚。

それらと同時に襲われる、 恐ろしい程の次回へのやる気が漲る瞬間。

勝った時の、魂丸ごと喜べる感覚を

この競技をしているなら、
知ってほしいと思う。

 

 

 

俺達が立っている(ってか、寝ている)
柔術のマットは、確実に世界に繋がっているんだよ。

寝不足な夜は、今夜も続くよ。

 

*****************

2014年5月31日のポストより。

 

 

おかみ

 

 

 

五反田的家系図

  • 2017.05.07 Sunday
  • 09:41

何年か前、トライフォース創立10周年パーティーの時に、

コータロー(もはや重量測定不可能)が作った動画です。

ここには、嘉納治五郎先生に、他流試合を禁止されていたにもかかわらず、

「柔道こそ最強である」と信じ

レスリングの選手や、ボクシングの選手などと試合をして、講道館を破門になった

前田光世先生(コンデコマ) ←やんちゃだなw

そのコンデコマに、教えを受けたグレイシー一族、

そしてそこから帯を受けた早川総代表、

その早川先生から、帯を受けた トオル先生・・・

と、連綿とづくく 柔術の系譜が分りやすく乗っています。

さて、トライフォース五反田の現在側から遡って行くと

トオル先生と、おかみの子供である 五反田会員の皆は

トライフォース他支部と違った系譜が入ってきます。

おかみのパラエストラ吉祥寺時代の師匠は

学習院柔道部監督も務められていた 高谷聡先生と、

元プロシューターであり、柔術では早川先生から黒帯を授与されている 

現ネクサセンス立川代表の 植松直哉先生です。

高谷先生と、植松先生を柔術的な両親として持つ、←どっちがパパでどっちがママだろう・・・

おかみの兄弟弟子には、

いま、五反田にいる べーやん、小野瀬、ジハちゃんと、カルペ鎌倉の代表である、坪井くん。

時々出稽古に来てくれる、ズバットや、シマダ君もいます。

その「高谷先生の先生」は、

ブラジリアン柔術連盟会長にして パラエストラ主宰の

日本柔術の父 中井祐樹先生。←おかみはこの人に憧れてパラエストラに入門したのね

まぁ、こう書き出して行くと

結局どこの道場の誰とでも、柔術的親戚関係は繋がっている訳ですが、

何となく、「自分の柔術の出所」を知っておくと、

他の国の柔術をしている人と話す時や、

よその柔術道場の人や、

他の格闘技をやっている人達とのコミニュケーションのネタにもなりやすいですよね。

私達の柔術が、いつか、この系譜の一行に飲み込まれていく頃には

柔術はどのようになっているのでしょう。

なんだか、そう考えると 自分がいなくなった後も ずっと続くんだなぁ・・・と思えると

楽しくなってきますねぇ。

おかみ

強くなりたい! 

  • 2017.04.14 Friday
  • 20:02

 

桜入会キャンペーン実施中!先着15名、入会金無料or道着プレゼント!!桜

 

今日のキッズクラスの時に、

「ポイントを取られたら負け」

という勝ち残りの稽古をしました。

 

その時、パスガードされてしまった子が、帯を床にたたきつけ 床をバンバン叩き

半ベソでふてくされそうになっていました。

 

すぐにその帯を取りあげ

「強くならなくていいなら、そうやって、床や帯に八つ当たりしてもいいけれど

強くなりたいなら、今の負けが悔しかったら、 次の回のスパーリングの時に頑張る事」

 

と伝えてみました。

 

泣きそうになりながら、ちゃんと話を聞いていたその子は

途端に態度を改め、次のスパーリングを とても高い集中力で頑張りました。

 

 

 

この子の目標は、「強くなること」と非常に明確で、

ふざけたり、話聞かなかったりすることも トオルせんせいに怒られることも、しょっ中ありますが

「強くなるためにはね」と。目標を語ると、とたんに集中力が上がります。

 

 

挨拶をしないで飛びかかって行った時も

「ズルをして勝っても それは強くなることじゃないよ」

と伝えたら、それからちゃんと握手をするようになりました。

 

 

・・・うーん、わかりやすい!!!(笑

 

 

 

大人になると

「強くなりたいけど、でもあの人力強いし、俺の方が体重軽いし、そもそも今日仕事で疲れてるし・・・」

とか、自分で自分に言い訳しそうになることばっかりです。

 

 

今日、小さな彼が、「悔しさ」を瞬間に「集中力」に転嫁した事は

とても見習うべきものがあると、ちょっと おかみは感心してしまいました。

 

 

道場では 年齢も、性別も、強いも弱いも関係なく

分らないコト に取り組む その人の姿勢を見ることが出来ます。

 

社会生活が長かったり、ちょっとした ビジネスマナーを身につけたら 

隠れてしまいがちな

「その人の在りよう」が、隠すことなく見えてしまいます。

 

 

入会したての白帯の会員さんの中にも、今日のように、小学校の低学年の子の中にも

尊敬すべき所を見つける度に、

「道場をやっていて良かったなぁ」とつくずく思えるのです。

 

 

さてさて、あすはジャパニーズナショナルです。

白帯でデビュー戦の人が何人か出場です。

そんな訳で、今日はなんだか、幸先の良いモノを見れたような気がして、

ちょっと明日に期待です!!

 

出場者の皆さん、頑張りましょうね!!!

出ない人も、応援に是非来て下さい!!!

 

終わったらみんなで、ビール飲もうね!!!!

 

 

 

おかみ

 

 

 

さて次は・・・ 

  • 2017.02.27 Monday
  • 11:42

「オッサンの祭典」である 全日本マスターズが終了しました。

出場選手の皆さん、錦糸町まで応援に来て下さった皆さん、ありがとうございました。

 

iPhoneImage.png

出場した皆は、各々、見つかった課題をクリアできるように、

ちょっと休んだら、また頑張りましょう。

 

今大会が柔術のデビュー戦だった

田中さん、マー君、のぞみちゃんは、得るモノがとても多かったのではないでしょうか?

試合に出るだけで、スパーでは、ぼんやりとしか認識していなかった課題が浮かび上がります。

また頑張って練習しましょう。

 

 

 

そして試合デビューがまだのそこのアナタ!!

そう、スマホを握りしめて画面に見入っているアナタ!!

 

 

4月には JAPANESE NATIONAL 大会 がありますよ!!

既にエントリーは開始中です。

 

今回、「金色のアレ」を取り忘れてしまった人達、

8月にある、全日本大会、 9月にあるアジア大会を視野に入れている人達も

 

「試合の練習」をするには  「試合に出る 出続ける」 ことが一番の練習です。

 

 

最後に、日本ブラジリアン柔術連盟会長である、中井祐樹先生の

公開コメントを貼っておきます。

***************************

全日本マスター柔術選手権終了。約1000人参加は日本連盟主催最大の大会となった。
 優勝者は勿論素晴らしいが出場しただけで皆勝利者。試合に出るのが全てではないが出てる人には敵わない(私だってそう)。
 「無理するな」と「行け」の間を縫ってこれからもオーバー30は元気であり続けるだろう。

***********************************

 

 

おかみ

今年も too much

  • 2017.02.14 Tuesday
  • 17:00

翻訳ソフトによると、

too much の意味は 「やりすぎ」と出ています。

 

それに続いて「必要以上に」。 ・・・ふんふんなるほど。

 

 

それから、「ごつい」「余計」「あまりに」「たくさん」「嫌と言うほど」・・・

と続きます。

一番最後のが気に入りました。

 

本日は、日本のトラディショナルなチョコレートイベントの日、バレンタインデーです。

 

「嫌と言うほどのおかみの愛」を、今年も受け取っていただきますよ。(強制)

 

 

おかみ

 

☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト

☆毎日更新中!フェイスブックページ

☆クラス時間割はこちら!

☆3歳〜小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

道場の様子をライブで流しています。クラス外の時間は各クラスの様子の録画です。

BAD BOY

トライフォースオンライントレーニング

フェイスブックページ

インスタグラム

道場の日々の様子

Instagram

 https://www.instagram.com/triforcegotanda/

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM