品川区のブラジリアン柔術道場  トライフォース五反田のおかみ日記 

初心者のためのブラジリアン柔術ジム 
トライフォース五反田。
五反田/大崎広小路にあるブラジリアン柔術常設道場です。トレーニングスペース完備。
品川 目黒 西小山 三田 高輪台 旗の台 中延 不動前 武蔵小山 大崎 高輪 戸越銀座 荏原中延 馬込 新馬場 青物横丁 大井町 から好アクセス!
ヨガ・柔道・護身術・No-Giクラス
新規会員募集中。無料体験もできます。
http://www.tf-gotanda.com/
いつからレギュラークラスに参加するか
0

    ☆先着15名限定・入会金無料キャンペーン実施中!!

     

    見学自由!無料体験入門のお申込みはこちらから!!

     

    ☆入会は随時受け付けております!時間割など詳しいことはウェブサイトへ!

     

    ✩道場の様子をご覧になりたい方はこちら!クラスをライブ配信しています!!

     

    最近入会された尾形さんに白帯初ストライプを巻きました!

     

    尾形さんは非常に覚えが良く、パートナードリルでのテクニック再現力が非常に高いです。

     

    スパーリングでも習ったテクニックをしっかり使うことができています。

     

    まだ経験が浅くテクニックを知らないためスパーリングで何をすべきか分からなくなることが多いようですが、それを自分でちゃんと把握しており、指導員やスパー相手に質問してその都度問題を解決しているようです。

     

    今は入門クラスとベーシッククラスのみに参加されていますが、そろそろレギュラーに出てみても良い段階です。

     

    尾形さんに限らず白帯ですでにストライプを巻かれている方はぜひレギュラークラスにも参加してください。

     

    始めは何が何だか分からずやられてばかりになるかも知れませんが、やられるというのは学びがあるということです。

     

    自分がスパーリングで体験したことは、それを知らずにクラス習うよりも、具体的に理解できるので習得しやすくなります。

     

    スパーリングは、格下、同格、格上の3者とやることで、より多くの状況やコンセプトを学べます。

     

    自分のような初心者がレギュラーに出たら迷惑なんじゃないか、と言う人がいますが、ストライプを巻かれている白帯であれば、上に書いたように、格下との練習が必要な色帯のよい練習相手となれるのです。全く心配せず参加してください。

     

    中山

    | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 初心者の方へ | 13:08 | comments(0) | - |
    今週土曜日はQ&Aクラスを行います!
    0

      ☆先着15名限定・入会金無料キャンペーン実施中!!

       

      見学自由!無料体験入門のお申込みはこちらから!!

       

      ☆入会は随時受け付けております!時間割など詳しいことはウェブサイトへ!

       

      ✩道場の様子をご覧になりたい方はこちら!クラスをライブ配信しています!!

       

       

      8月29日(土)12:30-13:30はクラスを変更しQ&A中心の入門クラスを行います。

       

      コロナ前は、30分間の入門クラスの中で常時初心者の皆さんからの質問にお答えしていましたが、現在休止中のため代わりにまとまった時間を取って質問に答えたいと思います。


      質問内容は柔術に関することであれば、テクニック、練習、筋トレ、食事、ルール、などなど何でもOKです。質問がある方は当日までに直接指導員に伝えるか、コメント欄に書き込んでください。もちろん当日クラス中でも大丈夫です。

       

      マスクの着用は任意です。いつものようにアップをした後、質問に答えていきます。テクニック関係の質問であればそれに答えた後実際にそれを練習します。

       

      最後にスパーリングも行いますが、質問に関連するポジションでの限定スパーリングなどを行おうと思っています。

       

      もし質問が無い場合は、普通に入門クラスを行います。

       

       

       

      中山

      | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 初心者の方へ | 19:33 | comments(0) | - |
      クロスカラーグリップが起点
      0

        ☆8/2(日)12:30〜 無料体験会を行います!詳しくはこちらへ!

         

        見学自由!無料体験入門のお申込みはこちらから!!

         

        ☆入会は随時受け付けております!時間割など詳しいことはウェブサイトへ!

         

        ✩道場の様子をご覧になりたい方はこちら!クラスをライブ配信しています!!

         

        7月の第2週から土曜日と日曜日の12:30開始クラスを入れ替えております。

         

        日曜日は入門クラスです。マスク着用必須、スパーリング無しのクラスですので、お間違いの無いようご注意ください。

         

        スパーリングが無い分、一つ一つのベーシックテクニックをじっくりと練習する時間を取っています。

         

        今日はクローズドガードからのテクニックを中心に行い、皆さんしっかりと習得していました。

         

        クロスチョークを学び、次にそれを嫌がって体を起こした相手に対して、シットアップスイープに繋げる練習をしました。

         

        相手のリアクションによってはシザースイープやキムラアームロックなどにもつなげることもできます。

         

        何を起点にするかはその人次第ですが、何をしていいか分からない人や毎回迷ってしまう人は、ぜひクロスカラーグリップからのテクニックの連係を覚えることをお勧めします。

         

        それによって連係技の理屈やコツを覚えれば他の状況でも、どのようにテクニックを繋げれば良いかが分かるようになります。

         

         

        中山

        | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 初心者の方へ | 17:35 | comments(0) | - |
        脱一人相撲
        0

          ☆見学自由!無料体験入門のお申込みはこちらから!!

           

          ☆入会は随時受け付けております!時間割など詳しいことはウェブサイトへ!

           

          ✩道場の様子をご覧になりたい方はこちら!クラスをライブ配信しています!!

           

          昨日のベーシッククラスでは再開後初スパーリングとなる人が多くいましたが、白帯ストライプ1〜2本の初心者の方々が成長していて驚きました。

           

          スパーリングができない時間が長かったことにより、やりたいこと、やるべきことが整理されたのでしょうか。

           

          戸根さんを例にすると、

           

          以前はクローズドガードで相手を引きつけて攻めることに必死で、相手にクローズドガードを解除されても対応できずパスされていました。

           

          昨日は自らオープンガードをセットしシザースイープをしっかりとしたフォームで決めていました!

           

          また、パスされかけてもすぐにエルボーエスケープでガードリカバリーを試みていました。

           

          相手に立たれた時の対応がまだできてなかったのですが、オープンガードのセットアップができるようになっているので、この先はトライポッドスイープやオーバーヘッドスイープなどのヴァリエーションを増やせば良いだけです。

           

          戸根さんがこれを読んだら「ヴァリエーションを増やせば良いだけ、なんて簡単に言ってくれるぜ」と思うかも知れません(笑)。

           

          以前の戸根さんは、相手が何をやってきているか見たり感じ取ったりせずに自分から攻めようとしている一人相撲状態でした。

           

          そこから、相手の攻めに応じてテクニックを使おうとしている状態に移ったのは、素人から柔術家への大きな一歩です。

           

          自分が何をするかは相手が何をしているかで決まります。相手がやってきていることに構わず戦って上手く行くよりも、相手に応じようとした結果失敗に終わる方が長い目で見れば強くなれます。

           

          戸根さんはこれから柔術がどんどん楽しくなっていくでしょう!

           

          覚えなければいけないことがどんどん出てきて苦労することも柔術のうちですので、それを楽しんでください!

           

           

          中山

          | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 初心者の方へ | 11:21 | comments(0) | - |
          物足りないくらいを積みかせねましょう
          0

            ☆見学自由!無料体験入門のお申込みはこちらから!!

             

            ☆入会は随時受け付けております!時間割など詳しいことはウェブサイトへ!

             

            ✩道場の様子をご覧になりたい方はこちら!クラスをライブ配信しています!!

             

             

            お陰様で再開後に無料体験のお申し込みが何件かあり、2名の方が入会されました。

             

            昨日も無料体験の方がいらしたのですが「柔術を始めたかったのに2ヶ月間始められず、早く来たかった」とおっしゃっていました。

             

            参加されたクラスがスパーリング無しだったので、より具体的に柔術ってこういうものとお見せできませんでしたが、来週からはベーシッククラスでもスパーリング有のクラスを再開する予定ですので、ぜひ多くの方に体験に来てほしいです!

             

            そして、新入会の方や復帰したばかりの方は、今週の練習はちょっと物足りないくらいに押さえて、来週から少しずつ練習頻度を増やしたり、動く時間を増やして行くとよいです。

             

            物足りないくらいというのは非常に大事なことです。やりすぎると疲れすぎたり筋肉痛で体を動かすのが億劫になり、柔術が苦しいもの、生活にマイナスなものになってしまいます。

             

            物足りないくらいにしておくと、次の練習が楽しみになります。きついけど行かなきゃと義務的に練習するよりも、楽しいと思って積極的な気持ちで練習した方が上達します。

             

            「物足りない」程度でも積み重ねれば、自然と体力がついて少しずつ練習量は増やせますので、特に初心者のうちは「今日は物足りないけどこのくらいにして、また次に頑張ろう」と思って練習してみてください。

             

            中山

            | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 初心者の方へ | 11:34 | comments(0) | - |
            掘り下げるべし
            0

              トライフォース五反田ではできる限りクラスのスパーリングを録画するようにしてきましたが、それを使ってオンラインクラスで会員さん同士のスパーリング動画解説を行っています。

               

              一昨日は白帯でまだ経験の浅い永島さんと茶帯の辻さんのスパーリングを解説しました。

               

              永島さんを例に白帯の方々がこの臨時休館中にやっておくと良いことを書こうと思います。

               

              永島さんはそのスパーリングでクローズドガードボトムを選択しクロスカラーチョークをしかけていましたが、辻さんの前腕チョーク的なディフェンスにより阻まれました。

               

              これに対してはアドバンストカリキュラムのレッスン1クローズドガード part3のテクニック1,3が使えます。

               

              アドバンストクラスなんて、白帯1本線で見ても理解できないなんじゃないかと思うかも知れませんが、そこは強くなることに貪欲でいてほしいです。

               

              また上記レッスンはベーシックで学ぶクロスカラーチョークとストレートアームロックのダブルアタックなので、二つのベーシックテクニックを抑えていれば大丈夫です。

               

              各ポジション万遍なくテクニックを学んでいき最終的に全てに精通するのが理想ですが、一時的には垂直方向に掘り下げることも必要です。

               

              クロスカラーチョークで言えば、絞め方自体をテクニックの4原則に照らし合わせて改善する、相手に一手目を防がれた時の対策を立てる(防がれないようなセットアップと防がれた時のテクニックを準備する)、などはベーシックカリキュラムの範疇を越えていてもやってほしいです。

               

              初心者が満遍なく学ぶことに完璧を求めると一つ一つのテクニックが中途半端なものになりがちですが、一つのテクニックやそれに関連した応用テクニックを掘り下げることは、柔術の原則や戦略的に戦うことを学ぶ良い方法です。

               

              問題になるのは、一つのテクニックを掘り下げることに拘り過ぎると、一時的には強くなれるためテクニックを広く学ぶことを止めてしまう場合があることです。

               

              そうなるとある一定以上に強くなるのが難しくなるので、長い目で見て広く学ぶことは必須なのです。

               

              とはいえ、初心者の方は、目先のこと、つまり何もできずやられる現状を脱しないことには、柔術を面白いと感じられないと思うので、先ず一つのテクニックをある程度掘り下げることをお勧めしています。

               

              掘り下げる方法としては、自分で考えて対策を立てることは必ずやりつつ、トライフォースオンラインを見る、五反田オンラインクラスにリクエストを出す、テクニック教則動画や本などを購入する、youtubeでテクニック名を入れて検索する(この場合インチキ臭いやつもいるので要注意です。ぜひご相談ください。笑)などなどです。

               

               

              中山

               

              | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 初心者の方へ | 19:57 | comments(0) | - |
              柔術ノートの書き方
              0

                ☆見学自由・無料体験入門は随時受付!時間割など詳しいことはウェブサイトへ

                 

                ✩道場の様子をご覧になりたい方はこちら!クラスをライブ配信しています!!

                 

                 

                柔術ノートについて書き始めたら、派生してどんどん書きたいことが出てきてしまいまとまらず、上げるのが遅くなってしまいました。すみません。派生して出てきたことはまた別のブログで書きたいと思います。

                 

                僕が柔術ノートを使う目的は3つあります。

                 

                 

                1.記録・復習

                クラスやセミナーで習ったテクニックについて書き留めておいて自分が練習する時に見直す、いつかそのテクニックが必要になった時のために記録しておく。ということを昔は紙のノートを使ってやってました。

                 

                ですが、今は該当する動画が大体存在します。トライフォースオンラインで検索したり、セミナーならば動画を撮らせてもらえることが多いし、youtubeなどもあるし、動画がどこにあるかが分かればよいですね。

                 

                動画撮影禁止のセミナーの場合は、セミナー中は要点だけメモしておいて、できるだけ記憶がフレッシュなうちにちゃんと書いてまとめることをお勧めします。

                 

                セミナー中にきっちり書こうとすると書くことに意識が行ってセミナーの内容が頭に入りにくいです。一方メモ書きだけだと後で見返しても判別不能なことが多いです。

                 

                できれば後日できるだけ早いうちに、セミナー内容を自分で実演して動画に収めておくと良いです。その際は覚えておきたいコツをちゃんと入れておきます。

                 

                動画がある場合は、Googleドキュメントなどで整理しておけばよいです。一目でポジションとテクニック内容が分かるように見出しをつけてテクニックを分類すると後ですぐ見つけられます。

                 

                 

                2.予習、課題、評価

                自分が今練習したいこと、習得したいこと、気をつけたいことなどを書いておいて練習前に見て確認・意識付けしたり、それについてチェック表を作って実際練習できたか達成できたかをチェックします。

                 

                これは僕が選手引退の直前に使っていたものです。

                 

                あまり多くするとパッと出てこないので絞り込んだ方が良いです。僕はメンタル、テクニック、フィジカルの3つに分けてそれぞれ4つの課題を設定していました。

                 

                例えば、

                ・練習前後にウォームアップとクールダウンをちゃんとやる

                 

                ・パスガードの時は姿勢に気を配る(実際にはもっと細かい部分を書くこともあります。それは文章化して覚えるためではなく、イメージ化して無意識で使えるようにするためです。基本的に言葉は脳内から具体的なイメージを呼び出すためのキューとしてのみ使います。これについてはまた別のブログで。)

                 

                ・ガードからはアタックよりもディフェンスを優先してスパーリングする

                 

                ・勝負に拘らずテクニックを試す

                 

                などです。練習前に見返して確認したり、練習後に達成度を評価して次の練習での課題作りに生かします。

                 

                課題を作っても、練習でトライしなければ意味がありません。課題を明確に意識して練習するためにノートに書いておき、練習前に見直します。

                 

                そして、トライしたらその結果を分析して、必要があればより目標達成に近づくためのディテイルを加えた新しい課題を作ります。

                 

                これをやることで、いちいちスパーリングでやられたり上手くできなくて無駄に落ち込むことが減ります。

                 

                自分で設定した課題をやろうとしたか否か(できたか否かの結果ではありません)だけが問題となるからです。やられたりできなかったのは課題の設定に問題があっただけなので、課題作りにフォーカスすれば良いだけです。

                 

                 

                3.目標確認

                目標を書いておいて、定期的に自分が目標に向けて進んでいるかを確認する。

                 

                自分の大きな目標・将来的に達成したい長期目標(理想とする柔術の確立、一番目標とする大会での成績など)を書いておくと、日々の練習での些末な問題に煩わされずに済みます(2と重複しますが)。

                 

                これがないと「筋トレもっとしなきゃ」「いや俺にはテクニックが必要なんだ」「いやスパーリングをもっとたくさんやることが肝心だ」とか日々の練習の影響を受けて目標や課題がぶれていきます。少なくとも僕はそうでした。

                 

                 

                以上が僕の柔術ノートの書き方です。

                 

                僕にとって柔術は仕事なのでこのようにしていますが、皆さんにとって柔術は趣味なのでこんなことやりたくないかも知れません

                 

                けれど上達したい強くなりたいと強く願うことは仕事でも趣味でも同じ方法を取ることにになるのではないか思います。

                 

                中山

                | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 初心者の方へ | 12:58 | comments(0) | - |
                最近よく初心者の方にアドバイスすること
                0

                  ☆見学自由・無料体験入門は随時受付!時間割など詳しいことはウェブサイトへ

                   

                  ✩道場の様子をご覧になりたい方はこちら!クラスをライブ配信しています!!

                   

                   

                  最近、初心者の方何人かに以下の同じ疑問をぶつけられて同じようなアドバイスをしたのでここにも書こうと思います。

                   

                  「テクニックを習っても中々覚えられれないんですよ。あと忙しくて練習来れないと覚えてもすぐ忘れちゃうし。どうすればいいんですかねえ?」

                   

                  習ったテクニックを全部覚えようとしていませんか?

                   

                  全部覚えるのは先で良いです。習ったもののうち、自分で気に入ったものや必要だと思うテクニックに絞って、実際のスパーリングで使えるレベルにしていきましょう。

                   

                  それ以外はこういう時にはこういうテクニックがあると覚えておいて、あとで使う必要が生じた時に改めて引っ張り出してきて練習すれば良いです。

                   

                  アタックは得意技を一つ先ず作ってください。頭で考えなくてもスパーリングでパッと出せるレベルにします。

                   

                  テクニックが通じない時には、テクニックの四大原則を思い出しましょう。

                   

                  フォーム、方向、タイミング、パワー効率が正しいかをチェックしてください。

                   

                  それをスパーリングで狙い続けてください。そればかり狙っていると相手のディフェンスのパターンがわかってくるので、次にそれに応じるための連係技をもう一つ覚えましょう。

                   

                  二つのテクニックは同じ組手から異なる方向にかけるものにして、相手が一つ目を防ぐともう一つがかけられるような対になるテクニックが良いです。

                   

                  例えばオープンガードの基本形からトライアングルチョークを狙って相手が立ち上がってそれを嫌ってきたらトライポッドスイープとかの連係です。

                   

                  その二つだと通じない相手のために、もう一つ連係技を覚えれば初心者のうちはもう十分です。

                   

                  例えばオープンガードに対して相手が前に前に来てトライアングルチョークに入れても潰されてしまいそうな感じの時にオーバーヘッドスイープをかけるとかです。

                   

                  アタックと並行して、ディフェンスも練習しておきましょう。格上の相手には完璧だと思ったアタックが防がれることもあります。

                   

                  テクニック自体を四大原則に照らし合わせて振り返るとともに、防がれた後どうディフェンスし、どう自分がアタックできる形にリカバリーするかを研究し、準備しておきましょう。

                   

                  大事なのは上達を焦らないことです。やることを絞りそれを一つ一つクリアしていくだけです。

                   

                  次回はクリアするための柔術ノートの使い方について書きます。

                   

                  中山

                  | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 初心者の方へ | 13:45 | comments(0) | - |
                  無駄な力を使わないために
                  0

                    ☆3/7(土)山田秀之パスガード&レッグロックセミナー開催!参加者募集中‼☆

                     

                    ☆見学自由・無料体験入門は随時受付!時間割など詳しいことはウェブサイトへ

                     

                    ✩道場の様子をご覧になりたい方はこちら!クラスをライブ配信しています!!

                     

                    ガードを取っているピーちゃんはTFチャレンジで練習試合とはいえ試合デビューしました。

                     

                    体が大きいし動きも良いので強いのですが、デビュー戦は負けてしまいました。

                     

                    ピーちゃんと試合について話しましたが、クローズドガードからのテクニックばかり練習してたから、それ以外が全然できなかったと反省していました。

                     

                    白帯のうちは足りない部分が目につきがちですが、ピーちゃんはクローズドガードからの攻撃パターンはかなり良くなっていますし、柔道クラスに参加してスタンディングを練習したり、試合に向けての準備は悪くなかったと思います。

                     

                    僕が「もう少し落ち着いて試合できると良かった」と伝えると「黒帯の人のスパーリングを見ているとすごくリラックスしてやっているので、自分ももっと落ち着いてやろうとスパーリングの前は思うんだけど始まるとどうしても力が入ってしまう。終わった後は前腕に全然力が入らない」と話していました。

                     

                    無駄な力を使わないこと。これは本当に難しいことで、「よし明日から力使わないぞ」と決めたからと言ってすぐできることではなく、毎回のスパーリングで常に意識し続け少しずつ改善するしかありません。

                     

                    僕が力尽くにならないためにやっていたことは、

                     

                    ・勝負に拘らない。

                    テクニックを上手く使うことにフォーカスし、上手くいかなくても、やられても気にしない。上手くいかないのはテクニックの不足だからテクニックを磨くしかない、という発想をする。

                     

                    ・連続でスパーリングする。

                    無駄な力を使いすぎるとすぐに疲れます。それでも休まずスパーリングを続けることで、無駄な力を入れないことを体で学びます。

                     

                    ・自分の試合やスパーリングを録画してチェックする

                    力任せになる理由は、その場面に適した正しいテクニックを使っていないことです。無駄な力を使っている状況を知れば、それを打開するためのテクニックを最優先に練習することができます。

                     

                    この3つは僕にとってかなり有効でしたし、上二つは強くなる人は皆やっていることだと思います。

                     

                    力が入り過ぎてしまう人はぜひお試しください。

                     

                    中山

                    | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 初心者の方へ | 22:23 | comments(0) | - |
                    入門クラス
                    0

                      ☆3/7(土)山田秀之パスガード&レッグロックセミナー開催!参加者募集中‼☆

                       

                      ☆見学自由・無料体験入門は随時受付!時間割など詳しいことはウェブサイトへ

                       

                      ✩道場の様子をご覧になりたい方はこちら!クラスをライブ配信しています!!

                       

                       

                      土曜日の入門クラス。20人以上が集まったので全員を写真に収めようと広角レンズを使ってみました。端っこがぼやけてダメですね。

                       

                      数週間続けてクローズドガードからのストレートアームロックを練習しています。

                       

                      入門クラスは初心者・8デイズ会員の方を想定して、週1回の練習を1ヵ月続けて一つのテクニックを習得することを目指しています。

                       

                      また、初心者の方は必ず色帯と組んで練習するので、正しいテクニックを「目で見て」「受けて体で感じて」「相手にかけて(間違っていれば修正してもらって)」覚えることができます。

                       

                      指導員はテクニックの説明で、最初は大枠を伝え、少しずつそこにディテイルを加えていき、更に初心者がよくやりがちなミスについて話します。

                       

                      全く柔術の知識がない初心者の皆さんは、説明のディテイルを全てを覚えようとするとトコロテン式にどんどん最初の説明が抜けて行く恐れがあります。

                       

                      先ずはザッと動きのイメージを掴み、やってみて上手く行かなければ、パートナーの色帯に教えてもらう位のつもりでやってください。

                       

                      習ったテクニックはスパーリングで使っているうちに様々な細かい発見があると思います。

                       

                      習ったことは忘れて「自分はすごいことを発見してしまった!」とその喜びを同じ初心者の人にドヤ顔で話して「それこの前クラスで習いました」と冷たく言われてしまうこともあるかも知れませんが(笑)、自分で発見したことは習っただけのことよりも、より記憶に残りやすいです。

                       

                      丸暗記しようと焦る必要はありません。スパーリングを通して少しずつ覚えていきましょう。

                       

                      中山

                      | ブラジリアン柔術 & 柔道 トライフォース五反田 | 初心者の方へ | 11:39 | comments(0) | - |
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << October 2020 >>
                      + 道場の様子をライブで流しています。クラス外の時間は各クラスの様子の録画です。
                      + CATEGORIES
                      + SELECTED ENTRIES
                      + トライフォースオンライントレーニング
                      + フェイスブックページ
                      + インスタグラム
                      道場の日々の様子

                      + MOBILE
                      qrcode
                      + スマートフォン版
                      + RECENT COMMENTS
                      + LINKS
                      + ARCHIVES
                      + PROFILE